2015年7月23日

Casio STB-1000を買いました


最近、健康のために(というかお腹が出てきたのでダイエットのために)、ロードバイクをはじめました。

決して「弱虫ペダル」に感化されたワケではありませんよ。
もういい大人ですから、アニメの影響なんて・・・あるわけないっショー・・・。

さて。サイクリングをはじめると、IT屋としてはやはり気になるのがサイコン。サイクル・コンピュータです。
でもって、最近はなにか単機能なデバイスを買おうとしても、大抵スマホアプリで代替できることがわかって、「じゃあiPhoneでいっか」となりがちなのですね。
今回も、iPhoneでいいや、でも心拍数は計りたいなあ、ケイデンスセンサーも欲しいなあ、なんて考えているうちに、なんか「めんどくさっ」てなって、特になにを計ることもなくダラダラとトレーニングする方向になっておりました。

長年 Apple の下僕として生きてきた身としては、心拍センサーが欲しければ Apple Watch を買えばいいようなものなのですが、普段腕時計をしないので、どうも抵抗があるのです。けっこうなお値段だし、買って使わないようだと勿体無いな、と。
ただ、ロードバイク以外でも腕時計が必要なシーンというのがあって。

夏になると、休日は海で過ごすことが増えます。二児の父なので、子供を連れて浜に行くわけです。
で、ちょっとお父さんは波に乗ってくるよ、小一時間ね、なんつってザバーンと沖に出るのですが、波と戯れ始めると一体何分たったのか、まったくわからなくなります。浜に戻ると、「パパ、2時間以上たってるよ・・・」なんてことも。
約束も守れないようでは父の威厳台無しなので、さすがにスポーツウォッチぐらいしておこうかな、と考えを改めた次第です。

で、いろいろ調査してみたところ、 G-SHOCK でおなじみのカシオさんがすばらしい時計を発売しておりました。
スマートウォッチの機能を取り入れたスポーツウォッチ「STB-1000」です。

写真(2015-07-23 22.49)

http://spg.casio.com/jp/ja/

Bluetooth LE で iPhone と連携。iOS 7 以降の「ANCS」により iPhone の「通知」がすべて連携。市販の心拍センサー、ケイデンスセンサーを買えば、それも連携できる。ミュージックコントロール機能を使えば、iPhone の「ミュージック」アプリの操作、再生や停止、音量の調整が腕時計からできる、などなど、たいへん男の子ごころをくすぐるガジェットであります。
当然、防水(10気圧)なので、海遊びにもサイクリングにも安心。しかも、実勢のお値段は Apple Watch の約1/5!です。

さらにありがたいのは、電源が「ボタン電池」なこと。
Apple Watch は毎日充電しないといけないのがめんどくさそうだな・・・と思っていたので、普通に腕時計として雑に扱えそうなSTB-1000はスマートウォッチとしてもより頼もしい感じがします。
ただ、レビューみてると「半年で電池がきれた」等の記述も目立つので、「2年間もつ」というカタログスペックには疑問がありそうですが・・・。

とりあえず、汗疹ができない程度に毎日使ってみて、使用感をみていこうと思っております。


[社長ブログ]