2009年11月23日

【闘病記】6/7/8日目


6日目、土曜日。

昼から病院。

前日に2回吐いてしまったので、強制給餌は無しで点滴と薬のみ。

帰宅したら右後ろ足が動かず歩けなくなっていた。

慌てて病院に電話して、もう一度連れて行く。

が、病院では普通に歩けちゃう。っていうか、走る。

点滴で入った液体が背中にこぶのように溜まり、それが1日かけてゆっくり吸収されていくのだが、左右のバランスが悪かったのだろうとのこと。

再度帰宅すると、こんどは両後ろ足が立たない。

切なくて泣きたくなる。

夜、療法食の「ロイヤルカナン退院サポート」を開けた。

指ですくって顔の前に持って行ったら、すこしだけど自分で舐めた。

明日から自宅でも強制給餌を始めるので、ちょっと励みになった。

7日目、日曜日。

朝から病院で点滴、注射。

真ん中にしてもらったので、弱々しいがちゃんと歩ける。

朝と夜に強制給餌。スプーン一杯分ぐらい。

シリンジ(注射器)を使って与えることもできるのだが、あえて指であげることにした。

なんとなく、そのほうがいいような気がして。

楽天で買ったヒルズの「a/d」が届く。

8日目、月曜日。

朝から病院で点滴、注射。

帰宅後、早速a/dで強制給餌。

病人のくせに、力が強いんだわ。指を思いっきり噛まれて流血。

やっぱりシリンジにしないとダメかもな〜。

午後に入って、ちょっと呼吸が荒い。

高濃度酸素でケアしてるけど、かなり苦しそうにしてる。


[社長ブログ]